東京タワーもインバウンドでにぎやかです

20160414_TokyoTower東京タワーの周辺は仕事でよく出かけるところですが、あらためて平日東京タワーを訪れてみるとちょっと不思議な気分になります。

たしか5年ほど前は東アジア圏の観光客と、日本人中学生の就学旅行生が目につきました。今日行ってみると国も地域も様々で、東アジアからの観光客はほとんどいません。欧州、東欧からの観光客が団体バスで来ています。

こちらのスケッチは1Fのフードコートの様子で、近所のママ友、手前のテーブルでは遊戯王のカードゲームに興じる高校生、一番奥の男女は白人の男性と日本人の女性のカップルです。

平日午後のフードコートはなんだか郊外のショッピングモールのゆるい空気に似ていてイイ感じです。

人生初めて自分自身の似顔絵を描いてもらったのは小学校に入る前の夏、はじめて行った東京タワーでのこと。45年以上前のことでした。

当時あった蝋人形館(2013年閉館)は脈絡のない展示で、意味もなく怖い拷問と、すこしいびつな白雪姫や、なで肩のロックスターなどが置いてあって、どこかの温泉街にある見世物小屋のようなキッチュな場所でした。

いまでは、カフェやおしゃれな屋外ジンギスカンの食べ放題、ワンピースのアトラクションなど、おとなからこどもまで楽しめる、かなりマトモな観光施設になっています。

じょうずにぼうしの絵を描いた

じょうずにぼうし
じょうずにぼうし

今年はハットをかぶる人が多いのかなと思います。イギリスに行くと上のお嬢さんのような黒いハットはユダヤ教徒のひげを生やしたおじさんたちがかぶっています。彼女には宗教上の理由はなさそうです。

三十路のおねえさまたち
三十路のおねえさまたち

こちらのお姉さまたちは女子会の帰りでしょうか、盛んに最近結婚した共通の友達のはなしでもりあがっています、青いハットは黒髪を自慢するほどでもない年のひとにとっておしゃれな気分にしてくれます。

こちらもおしゃれなぼうし
こちらもおしゃれなぼうし

ぼうしは髪型を気にしないでおしゃれができます、南武線でみかけた彼女もとてもよくぼうしが似合っています。

 

浜松の地元のひとでにぎやかな居酒屋六文銭

地元の人でにぎわう六文銭の看板娘
地元の人でにぎわう六文銭の看板娘

2009年以来6年ぶりの浜松。JR浜松駅周辺の再開発で遠鉄百貨店はきれいになり若いひとであふれています。以前と比べて繁華街も若者が増えたように感じます。

そんな繁華街でも地元の人でにぎわっていそうな店を探してみたらありました。引き戸を開けるとカウンターで男性客が晩酌しています。テーブルには同窓会でしょうか4人テーブルの男女が学生時代の話に夢中です。入れ替わり立ち回りおなじみのお客くさんがひっきりなしです。

20151107浜松スケッチをしていると隣の席のタッチャンとマッキーさんが覗き込んできたのでお二人を描いてさしあげました。

浜松市には男の子がわくわくするようなものがたくさんあります。バイクが好きならヤマハにスズキ。音楽も盛ん。天下をとりたいなら徳川家康が出世した浜松城があり、飛行機がすきなら航空自衛隊の浜松基地でブルーインパルスが飛んでいます。ちょうど明日11月8日が航空ショー(エア・フェスタ)なので予行練習をしていました。

徳川家康 しかみ像
徳川家康 しかみ像のメモ(2009)

以前、浜松城に行ったとき家康の「しかみ像」をみてなるほど家康は努力のひとだと感心したことがあります。

31歳三方ヶ原の戦いで武田軍にコテンパンに負けて恐怖のあまり脱糞してしまった自分を戒めるために描かせといわれています。

ところが、浜松市のマスコットキャラクターは「出世大名家康くん」です。うなぎのちょんまげ、鍵盤のはかま。激しくゆるいキャラクターになってます。

姉妹・兄弟

受験生の姉妹
受験生の姉妹

受験生にとって10月はなんだかうまく気持ちが調整できない時期かもしれません。学校行事は一通りおわりあとは受験勉強まっしぐらといいたいところですが…

上のスケッチは今年2月の受験シーズン真っ只中に目撃した姉妹。ふたりでiPhoneのヘッドフォンをひとつづつ耳にいれて音楽を聞きながら受験会場の向かっています。ステレオで音楽を楽しむためには片方ずつでは意味はないと思うのですが、本人たちは一向にお構いなしです。無事希望高校に受かっているといいのですが。

表参道で下車
表参道で下車

こちらは、1月に目撃したおねえちゃんと弟くんのツーショット。赤いフードをおねえちゃんがかぶっているので赤ずきんちゃんみたいです。弟くんは自慢のファッションでフル装備です。ふたりともおそろいのバッグ。表参道で降りてゆきました。

若さの特権

若さの特権
若さの特権

きれいなひとだなとおもって隣に目を移すとおあさんがいます。この子も何十年かたつとこうなるのかなと想像してしまいます。

201501_横浜横浜駅の近くで見かけた親子です。横浜に近づくにしたがって化粧が派手になる印象があります。娘さんとお母さんがまるで友達のようです。どちらも年齢が不明です。

 

青物横丁 その2

お父さんはビール片手にいねむり
お父さんはビール片手にいねむり

先日は京浜急行青物横丁を探検したので、青物横丁ネタをもうひとつ。

ことしの5月4日みどりの日に目撃したおじさんとおじょうさんです。赤の他人ですがとってもなじんでいます。おじさんはビールの缶をにぎりしめて11時ごろなのにすやすや寝ています。

となりのむすめさんはゴムバンドをいじっています。おあかさんとおねえちゃんが隣にすわっていたのですが省略です。

休日におかあさんの用事につき合わされているのが不満なのでしょうかしきりにゴムバンドをいじっています。でも青物横丁に停車するとおかあさんとおねえちゃんのあとについて素直に降りてゆきました。

 

うふふガールズ

ufufuGirl
ufufuGirl

京都大丸となりの洋食屋さんで目撃したお嬢さんとおかあさまがハヤシライスとオムライスカレーをいただいている様子です。

フィールドノートを見ると2012年11月の日付です。二人ともちょっと似た感じのアウターを着ていますので仲がよさそうです。

お嬢さんは大丸のufufugirlsの紙袋をテーブルの下においています。うふふガールズの詳細は各自でみてください。ちなみにはてなには「18~25歳前後の女性をターゲットにした、衣料品・雑貨のフロアの名称」と説明がありました。ちょうどおかあさまの財布を頼るにもいい年頃です。