世田谷区宮坂 和食処「げんじ」

小田急線経堂駅から徒歩3分、すずらん通り商店街に妙齢のご夫婦で切り盛りする落ち着いた居酒屋「げんじ」はあります。

ちょうど隣には、3月末の確定申告業務がひと段落下とお酒を楽しんでいる会計士のおとうさんと奥様です。

このスケッチの奥に見える時計の脇にある置物は「大黒様」です。先代のご主人の形見だと女将さんが話していました。

スケッチをしていると、すずらん通りのエステティシャンみゆきさんの似顔絵も成り行で描くことになってしましました(^^;)。

さらに、もう一枚。春先になるとお酒がすすみます。

東京都立川市 小鉄屋

立川駅南口側には、場外馬券場がありその周りは庶民的な居酒屋さんが沢山あります。

どこかいいところはないかと辺りを探索していると「馬力」がありました。錦糸町の「馬力」に行ったことがあるので、今日はパスです。他にないかと辺りを見渡すと対面に「小銭屋」という看板があるではありませんか!

店の名前からして安く楽しめそうです。アルミの引き戸を開けてみるとカウンターは常連さんでいっぱい。テーブル席では主婦の女子会真っ盛りです。

15席ほどの店内は、ほぼ満席です。絹ごし豆腐を醤油で煮込んだ、真っ黒な煮込み豆腐と、凍らせたレモンを氷代わりに飲む酎ハイはおススメです。

お勘定を済ませて、カウンターの常連さんに「小銭屋(こぜにや)」っていい店ですねと言ったところ、「小銭屋じゃなくて小鉄屋(こてつや)だよ」と突っ込まれてしまいました(^_^;)。

東京都新宿区 思い出横丁

フィールドワークで大切なのは定点観測です。新宿駅徒歩2分の思い出横丁は、インバウンド需要で大にぎわいです!

1年前は東アジアからの来街者が多かったのですが、最近は欧州から観光客が多くなっています。

以前の「思い出横丁」のフィールドワークの様子は、こちらをどうぞ。

路地裏、横丁の妖しさと魅力は万国共通です!なにか、ごちゃごちゃした狭いところには、時々行きたくなりますものね。

東京都新宿区神楽坂 神楽小路「月夜野」

神楽坂の神楽小路の路地裏には、小さなカウンターの小料理屋があります。暖簾をくぐると目の前は6席の小さなカウンターです。にゃんこの置物が迎えてくれます。

日本酒とクラフトビール、お魚の焼き物などが楽しめる、地元の常連さんで楽しい小さな隠れ家「月夜野」。

昼間はネコのおねえさまがたと、カウンター越しの会話と料理が楽しめます。

東京都豊島区 池袋 大衆居酒屋ふくろ

池袋駅から徒歩1分。カウンター席の居酒屋は、隣に座った人とはすぐに仲良くなれます。

さすが池袋。いろんな人がいっしょのカウンターに座っています。

会社帰りの役員さんから現場から直帰の営業マン、同窓会帰りのアベック、学会からの帰りの学者先生など、ちょっと一杯楽しめる、昭和の香り満点で、その世代にとってはとっても居心地の良い居酒屋です。

570兆円の公的不動産の活性化とアート

570兆円あると言われる、公共不動産を民間の力で活用しようと言うトークイベントでの一コマ。建築家やまちづくりの専門家が集まって自由な意見を交換しするイベントで毎月月末に開催。80名ほどの参加者で会場は熱気があります。

今回のゲストは堀江貴文さんです。堀江さんのトークは実にエネルギッシュでユニークな視点のものばかりで、才能と特異な経験とイベントや仲間集めの天才です。

ベントの参加者は、行政、企業、建築家、事業家やクリエイターなど「まちづくり」に関心のあるひとたちです。写真のセカイ ダイスケさんは、世界中を旅しながら表現するアーティストさんです。

今回のトークイベントを運営している渋谷区神宮前のTRUNKホテルの結婚式場でイラスト、スケッチなどの即興アート作品を提供、そのご縁で、このトークイベントにいらっしゃったのだそうです。シャガールのようなタッチの作風と着物とメガネがとても印象的でした。

空間の魔術師 バールコルテ2

コーヒー画を絶賛展示中で、コーヒーとワインの楽しめるバールコルテ(世田谷区経堂)は、ご当地文化人のサロンになっていました。そこには、オーナー内田さんのマーケティング力が光ります。

大人の隠れ家、第三の場所(サードプレイス)と、勝手に利用する人たちが楽しんでいるカフェできょうは、埼玉県小川町で農園を経営しながら世田谷のコミュニティー誌の編集をしている田中さん、俳優座の女優桂ゆめさんのお弟子さんで朗読が趣味の西尾さんと遭遇しました。

ベイスターズのファンのお二人はマスターの内田さんと一緒にテレビで野球観戦。本日の試合は楽天 6 -DeNA 10でDeNAの勝利。みなさんご機嫌です。

商店街の一角、住宅街に囲まれたカフェには夜な夜な芸達者な人たちが集まります。今日はライトノベルの作家さんもいらっしゃいました。

今週6月10日土曜日14:00からはカフェ空間を使って朗読会が開催されます。桂ゆめさんの朗読教室の発表会です。

コーヒー画を飾ったり、40インチのスクリーンで野球やサッカーをお客さんと楽しんだり。今度は朗読会と次から次へとイベントを仕掛けてゆきます。

毎日、店の前を通っていますが、いろいろ立ち寄りたくなる仕掛けが満載です。内田さんは、なんだか、楽しい空間をつくる魔術師のようです。

ご当地文化人は、商店街活性化、地域活性化にはなくてはならないプレーヤーかもしれませんね。